【白井ひでふみ】メルマガ 落合交差点地下横断通路2

おはようございます。白井ひでふみです。


(前号よりの続き)

交差点の安全対策で一番の理想は、地下横断通路です。

しかし、大きな予算が必要な大規模事業となります。歩道橋も考えられますが、安全面からむしろ撤去が進んでいます。

道路地図と落合駅の構図とを見比べ、にらめっこしていた

私は「ひょっとしたら交差点に地下空間があるのでは...」と思いました。

早速、東京メトロと東京都に問い合わせましたが、「何もありません」との回答。

しかし後日「全く使用していない空間が存在します」との連絡がありました。

「以前の都市計画で、山手通りの立体交差化構想があり、将来の実施に備えて駅を作った際に地下に空間を造った。

その後道路拡張整備が行われ不要となり全く未使用のまま、現在も存在している」との報告もいただきました。

「出入り口さえつなげれば地下横断通路ができる!」

私は早速、高倉都議会議員と連携し、東京都へ直談判を重ねました。

粘り強く交渉した結果、ついに東京都とメトロの費用負担で建設が決まりました。

この2月に設計図が決まる予定で、着工はもう少しかかりそうです。

この出入り口には、エレベータも設置されます。児童の皆さんの通学だけでなく

多くの皆さんにも安心してご利用いただけるものと思います。

公明党のチーム力で推進した安全安心の取組みの一例です。


公明党 中野区議会議員 白井ひでふみ