【白井ひでふみ】 一年の御礼ご挨拶

こんにちは。白井ひでふみです。

年の瀬の慌ただしい時期となりました。
毎年のこの時期は、町会の皆さんと共に夜警に回らせて頂くことが私の恒例行事となっています。
「わが町を安心・安全の町に」
私にとって最も重要な課題の一つです。

東中野の地域は、整備された大通りから一歩入ると、本当に静かな住宅街です。
そんな夜道を照らす街路灯。
現在中野区では、この街路灯を環境に優しい省エネ型で明るい「LED」に随時交換しています。
区内の街路灯約16,000基のうち、約3,500基の交換が終了しました。
蛍光灯や水銀灯の寿命が概ね2〜3年といわれますが、LEDは概ね10年と長持ちで、街路灯の交換費用が節約できます。しかも電気代は約6割も節約できます。
電気代だけでも、年間約2,000万円の税金の節約、「節税」ができます。
また、LEDへの交換事業を区内事業者のみへの工事発注とすることで、区内の経済雇用対策にもつながっています。
私達、公明党が提唱する「21世紀型の政策」実現の一例です。

優しい光の中を地域の為に奔走される町会有志の皆さんと語らいながら、夜警に歩くたび、その情熱に触れ、区政の場で自分がなすべき使命の重さを改めてかみしめております。
2010年の本年は、党員の皆様、支持者の皆様に、真心からの御支援を頂き、本当にありがとうございました。
明年は、決戦の年となります。さらに全力で働いて参ります。皆様には、たいへんにお世話になりますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
良いお年をお迎えくださいませ。

公明党 中野区議会議員 白井ひでふみ